2008年08月10日

「ナ・バ・テア」

陽射しがない分、しのぎやすい一日でした。
とはいえ、湿気があるので昼間はエアコンをつけてしまいますが・・・
(それでも夜はちょっと涼しくて嬉しかった・・・)

夏バテなのか、周期的なものなのか、ここ数日軽いめまいがします。
寝返りをうったとき、髪の毛を洗うとき、顔を洗うとき・・・
頭の位置が変わるととたんにクラクラ・・・っときます。
続くようならまた耳鼻科に行かないと・・・でもお医者さんもお盆休みかな?
以前のひどい症状よりもかなりマシではありますが。


「ナ・バ・テア」 森博嗣 中公文庫

”スカイ・クロラ”シリーズの、時系列的には1作目。
タイトルは「None But Air」を日本語読みしたもの。
映画では「なんとなく」でしかなかった部分がつながります。
水素の思考回路もちょっとわかってきたし、映画では誤解していた部分もあったりして、
やっぱりひとつの作品をいろいろな方面から見るというのは面白いなあと思います。

戦闘シーンの文体にもものすごく勢いがあります。
一行に一単語ずつが、畳み掛けるように書いてあったりして、
視覚にも訴えます。今そこで繰り広げられている光景が手に取るようにわかります。

一般的に考えると、ちょっぴり湿っぽい内容であったりもするのですが、
あくまでもさわやかに、あまり考え込まずに思考停止してしまったり・・・
とにかく好きなことに対しては、一途で、向こう見ずで。
でも世の中に起こるいろいろなことに迎合せず、クールで、ある意味残酷で。
そこが大人が見るとちょっぴり危うい思春期くらいの”子供”の視点なのかな。

いわゆる若い人向けの(ライト?)ファンタジー・ノベルなんでしょうけれど、
面白いです。ほんとに。続きも買ってきちゃいました(笑)。

夏休みは娘も学校があるし、特に出かける予定もないので、
たくさん本を読みたいなあと思います。


男子サッカー。
ナイジェリアに負けちゃいましたね;;;
これでオランダ戦を待たずに予選敗退決定。

身体能力のあるアフリカ系の人々との試合。
絶対後半はきつくなるのはわかっていたはず。
前半の”日本の時間”に点を獲っておくべきでした。あ〜あ。
最後になって、「とにかくシュート」っていう感じで打ってましたが、
あれを最初からやって欲しかった。(いつもそうだよ;;;)
どうして迷わずシュートを選ばないのかな。
ひとつ余計な手を加えることで、あちらの陣形が整ってしまうし、
こちらもうまくかみ合っていかないし。
今日は内田君もあんまり有効に使えていなかったみたいだし、
(ディフェンスに追われちゃったかな?)
残念な結果になってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)


今日の「篤姫」。
あ〜せっかく大嫌いだった井伊大老と心がつながりかけたのに、
桜田門外の変が起こってしまいました。無念。
幕末って、いろいろな価値観が渦巻いているので、何が正義なのか、
誰が日本の行く末を正しく見ているのかなんてわからないところがあるから、
安政の大獄や桜田門外の変も起こるべきして起こったことなのでしょうけれども・・・

私の篤姫が好きなところって、
薩摩で教えられてきた「一方聞いて沙汰するな」の精神なのですよ。
マスコミにしろ、噂にしろ、
たいがい”声の大きな人”の言うことが「真実」のようになってしまうじゃないですか?
そこを、篤姫は自分から相手と向かい合って、自分で判断しようとする。
そういうところが見ていて痛快というか、気持ちがよいというか。

勝海舟も出てきたし、今度は和宮降嫁なんかもあるみたいだし、
時代はますます激動の時期を迎えますな。
posted by YOSHI-CO at 21:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。