2006年05月05日

音の輪コンサート

今日(というか、5月4日)はすみだトリフォニーホールで行われた、音の輪コンサートに行ってきました。これは毎年、作曲家のA.リード先生を指揮者にお招きして、彼の曲を中心に有志バンド(一応核になるメンバーはいるみたいです)が演奏会をする・・・というもの。
しかし今回は、去年9月に永眠されたA.リード先生の追悼演奏会という冠をつけたコンサートになり、大型スクリーンにリード先生の写真などが映され、ちょっとしんみりとする場面もありました。
私もリード先生には実際にお会いしたことがあるのですが、オーラを感じる人でしたね。とっても気さくなおじいちゃまでしたが・・・(T_T)。
本当は今年が引退公演になる予定だったらしいのです・・・。残念です。

オットが1部にだけ出演したので、とりあえず応援・・・という形で。
懐かしの「音楽祭のプレリュード」「アルメニアンダンス・パート1」を演奏しました。
どちらも私が高校生のときに初めて演奏した曲で、思い出がいっぱいです。
やはり指揮者によって、表現が全然違う・・・。
今日の先生は、「やまうずらのうた」の部分が、4拍子4拍子した振り方ではなく、4小節ワンフレーズを強調した振り方になっていたので、ちょっと大人の感じでした。・・・が終曲「いけ、いけ!」は、急造バンドであの速いテンポは、ちと無理が;;;(^_^;)。空中分解しそうでしたよ〜。パーツが暴走みたいな感じ・・・。しょうがないか。

他、私が聴いたことのないリード先生の曲も多数演奏されました。
中でも、元N響打楽器主席百瀬さん指揮の、マリンバ・コンチェルティーノ(河野玲子さん独奏)はなかなか斬新でした!!
曲もたくさん、ゲスト指揮者もたくさん・・・いい供養になったのでは?
・・・とはいえ、リード先生がいらっしゃらないコンサートは、やっぱり集客力が・・・;;;淋しいものです。

明日はミューザ川崎。飯森君&東響のコンサートに行きます。


そうそう。
すみだトリフォニーホールのある錦糸町駅で降りたら、
駅前で「テツ&トモ」がLIVEやってました(^_^;)。
「なんでだろう〜??」とこっちが言いたくなります;;;


WOWOWで「ターミナル」をやっていたので、録画しておいて、
夜にオットと見ました。
これ好きなんだよね〜。壮大な作品ではないけれど。
ターミナルでの人との出会い、縁、別れ・・・
素敵な話じゃないですか?
ちょっと「浅田次郎の世界」のエッセンスが入ってない?(笑)
posted by YOSHI-CO at 00:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。