2007年01月15日

IL DIVOのDVD




はい。見ました。素敵でした。
CDでもLIVEでも、歌のクオリティが全然変わらないって言うのは凄いですな。
誰がどこを歌っているとか、どういうハーモニーになっているかとか、
見るのも面白かったです。
4人の声がこれまたうまく配されているんだなあ。
クラシックの歌唱法ではないセバスチャンと、他の3人の対比とか、
テノール2人組に対して、バリトンのカルロスとか。
同じテノールでも、デイヴィッドとウルスでは、また声の色が違うし。
やっぱり個人的には、デイヴィッドの声が美しいと思うわけでして・・・。

カルロスのエロオヤジ全開モードが、なんだかもうお笑いの域です;;;汗
いや、日本人から見ると・・・ってことなんでしょうけど。
ファンとふれあうコーナーなんかあったりして、
サービス精神旺盛;;;

黒いシャツに赤いサテンのジャケット着ても、
バラの花一輪持って、アンコールに「マイ・ウェイ」歌っちゃっても、
許されるのは、彼らだけでしょう(爆)。

スパニッシュギターに、ラテン系言語の歌詞。
うん、やっぱりいいなあ。

おまけにW杯のテーマソングが3バージョン。
インターナショナル・イギリス・ドイツ。
それぞれ、イル・ディーヴォの場面は同じなんですが、
後ろに流れるW杯の名場面や翻る旗が、
その国のものがちょっと多めになっていたりして、
面白かったです。
posted by YOSHI-CO at 23:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31476657
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。